• dreamai

満月の日の告白


今日は私的に結構勇氣が必要な告白をしたいと思います・・・✴︎


私が小学5か6年生の時

セーラームーンごっことか一緒にやって遊んでいた女の子友達が何人かいて

豊浦公園という公園でよく遊んでいたんです。


ある日、その公園のすぐ近くに住んでたメンバーの子が、私たちの前で不思議な話を始めました。


昨日、公園に行ったらお爺さんが座ってて、話しかけられてん。

それでな。

コレ、渡されてんけど・・・


って1人一枚ずつ、古い本の一ページをビリって破った、みたいな紙を手渡されたの。(全員違う柄)


そして彼女が続けた、


お爺さんが言うにはな、この紙を配られた人の中に

世界を救う人が居る  

って。だけど、この事を、大人になるまで人に言ったらあかんって。


私に渡された紙には、全体的に深緑のワントーンの色で

亀?みたいな模様と、何かのシンボル(今も描ける)が描かれていたことを覚えています。


それと共に、セーラームーンのシールと属性(確か、水とか土とか書いてた)

と、前世?的なカテゴリーで口裂け女(当時妖怪が流行っていたw)

などが、その友達の手書きで描かれた紙も、渡された。


そして、その亀の紙は、おじいさんに返さないといけないからと言うことで回収され

手元にはその手書きの紙だけが残った。


世界を救う??!!


突然の冗談にしてはかなり手が混んでたし、真剣な話だったので

ワクワクしつつ、ミステリーにぶち当たるようなドキドキも感じた。

そしてママにはなんでも話すタイプだったけど

この事だけはずっと秘密にして来た、事実。

私は今でもその手書きの紙を持っています。


それから何十年と経った今、私は、というか

私たちが世界を救う人達なのだって

まさかな〜、って思いがだんだんと確信に変わって

そして今、自信を持って、私たちがその人達なんだって言える❣️


私たちは宇宙全体に見守られ、祝福されている💫



どの辺りが?何が?

何言ってるの?

って思う方もいるかもしれないんだけど、

私たちがどうやって世界を救うのか

その事を次の回で書きたいと思います😊


あ〜ついに全体にこの告白をしてしまった❣️

あくまで私の主観だよ、だけど事実で。

その事を周知することで、みんなの意識が一つになれたらって思って

思い切って書いてみました✴︎

私1人では救えないけど、こうして言霊として発して

考えをシェアすることで、共感してくれるみんなの力が

ひとつになって、大きな流れになっていくことでしょう・・・💫


続く・・・✴︎







閲覧数:429回0件のコメント

最新記事

すべて表示